北浦和駅東口から徒歩3分

さいたま市浦和区北浦和1-8-12松岡STビル302

048-711-5569 予約優先制

休診日
火曜・土曜午後・日曜午前中・祝日
受付時間
午前 10:00~12:00(土曜のみ 9:00~12:30)
午後 15:30~20:30(日曜のみ 13:00~18:00)
カード決済:VISA,MASTER,JCB,AMEX,DINERS CLUB

腰痛の原因になるから足を組んで座るな!は本当なの?

脚を組んで座ると腰痛原因になるって知ってました?

また、脚を組まないで座っていることで、腰痛が酷くなってしまう方もいます。

そうなんです、脚を組むことと腰痛には深い関係があるのです。

今回は、なぜ脚を組むと腰痛になるのか、そしてその改善方法についてお話ししていきたいと思います。

脚を組むと腰痛の原因になる理由

座る面とおしりが接する部分に「坐骨(ざこつ)」という骨があります。

坐骨は左右にひとつずつあって、脚を組むことでどちらかの坐骨が座る面から浮いてしまい、体が不安定になることで腰痛になってしまいます。

腰痛 原因

「だったら脚を組まなきゃいいじゃん」と思いますよね?

もう気づいている方もいると思いますが、座った時に脚を組まないと落ち着かなかったり、うまく座れない方もいるのです。

そういう方には「骨盤のゆがみ」があり、骨盤がゆがんでいる人が脚を組む傾向があるのです。

ですから、脚を組まないで座っていることで、腰痛が酷くなってしまう方もいるわけです。

腰痛 原因

腰痛の原因である骨盤のゆがみは治せるのか?

骨盤のゆがみには原因がいくつかあります。

  • 姿勢が悪い
  • 出産を期に起こる
  • 長時間同じ姿勢をしている

などが挙げられます。

骨盤のゆがみをチェックするには「姿勢測定」などをすると良いでしょう。

そして骨盤のゆがみは「骨盤矯正」で整えることができます。

脚を組まずに座った時に落ち着かなかったり、うまく座れない方は「骨盤のゆがみ」があるかも知れません。

まずは姿勢のチェックからはじめましょう!

腰痛治療なら北浦和駅前接骨院へ


北浦和駅東口で腰痛治療に実績のある整骨院をお探しなら、JR京浜東北線・根岸線北浦和駅東口より徒歩3分の【北浦和駅前接骨院】へお越しください。


北浦和駅前接骨院は、腰痛はもとより肩こり、頭痛、膝の痛み、外反母趾でお困りの多くの患者さんが来院されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

048-711-5569