北浦和駅東口から徒歩3分

さいたま市浦和区北浦和1-8-12松岡STビル302

048-711-5569 予約優先制

休診日
火曜・土曜午後・日曜午前中・祝日
受付時間
午前 10:00~12:00(土曜のみ 9:00~12:30)
午後 15:30~20:30(日曜のみ 13:00~18:00)
カード決済:VISA,MASTER,JCB,AMEX,DINERS CLUB

顎のズレが原因の肩こりはこうやって改善できる!

肩こり 原因がなかなかはっきりしなくて、お困りの方も多いと思います。

悪い姿勢や運動不足が原因だと言われたりもしますが、別にも肩こりには様々な原因があります。

あまり目が付けられない部分ですが”顎関節”が肩こりの原因になっていることもあります!

顎関節のズレを引き起こす歯列接触癖とは?

簡単にいうと「歯を接触させるクセ」ということになります。

これは「歯ぎしり」や「歯を食いしばる」のとは違い、無意識に上の歯と下の歯が触れている状態のことを指します。

人間は口を閉じている時、上の歯と下の歯が離れているのが通常です。

上の歯と下の歯が接触状態にあることで顎関節に長時間力が加わります。

そこで「顎関節のズレ」が起きてしまうのです。

歯列接触癖は以下のような場面で起こりやすいと言われています。

  • 一時的に生じる精神的緊張(精神的ストレス)
  • 習慣化した作業で集中するとき(パソコン)
  • 精密作業
  • 家事(そうじ・料理)
  • テレビ、コンピューターゲーム

このように日常のよくある行動の中で歯列接触癖は生じるのです。

肩こり 原因

(歯列接触癖が原因で起きる肩こり)

顎関節のズレが長期化すると「咬筋こうきん」という食べ物を咬む筋肉が緊張状態に陥り、疲弊してきます。
咬む筋肉が疲弊すると、それを補おうと首の筋肉「胸鎖乳突筋きょうさにゅうとつきん」と肩の筋肉「僧帽筋そうぼうきん」が緊張して疲弊していった結果、肩こりが起きます。

顎関節のズレからくる肩こりの対処法

  • ステップ 1:左右の頬の部分を両手で触った状態で、歯を接触させて咬筋が緊張するのを確認しましょう!
  • ステップ 2:家や職場に「歯を離す」「力を抜く」などと書いたメモを目の付く部分に多数貼りましょう!
  • ステップ3:歯が接触したら離すクセを作る。これを続けることで、条件反射で無意識に歯と歯が離れるようにしましょう!
肩こり 原因

北浦和駅前接骨院では顎関節のズレを正す「頭蓋骨調整」などの施術があります。

肩こり・頭痛治療なら北浦和駅前接骨院へ

北浦和駅東口で肩こり治療と頭痛の治療に実績のある整骨院をお探しなら、JR京浜東北線・根岸線北浦和駅東口より徒歩3分の【北浦和駅前接骨院】へお越しください。

北浦和駅前接骨院は、腰痛はもとより肩こり、頭痛、膝の痛み、外反母趾、でお困りの多くの患者さんが来院されています。

048-711-5569