北浦和駅東口から徒歩3分

さいたま市浦和区北浦和1-8-12松岡STビル302

048-711-5569 予約優先制

休診日
火曜・土曜午後・日曜午前中・祝日
受付時間
午前 10:00~12:00(土曜のみ 9:00~12:30)
午後 15:30~20:00(日曜のみ 13:00~18:00)
カード決済:VISA,MASTER,JCB,AMEX,DINERS CLUB

病院でレントゲン→出された湿布や痛み止めの薬で良くならない腰痛の原因とは?

腰痛 原因

腰痛が辛くて病院へ行ったとき、「レントゲンは異常(原因)がないですね。湿布痛み止めのおを出しておきますので様子を見て下さい」と言われた経験ありませんか?

言われた通りに、湿布を貼って痛み止めの薬を飲んでみても、痛みは変わらない(T_T)

今回は、病院では良くならない腰痛の原因についてお話しします。

病院のレントゲンで分かる腰痛とは?

腰痛にはいろいろな種類があります。

骨が原因で起きる腰痛・筋肉が原因で起きる腰痛・神経が原因で起きる腰痛などがあります。

腰痛で病院に行った時に、ほぼ100%する検査がレントゲンです。

レントゲンの検査で分かるのは「骨の異常」です。

腰痛,原因,病院,レントゲン,湿布,痛み止め,薬

~骨に異常があって起きる腰痛の代表~

  • 腰椎分離症(ようついぶんりしょう)
  • 腰椎辷り症(ようついすべりしょう)
  • 腰椎圧迫骨折(ようついあっぱくこっせつ)

上記のような腰痛であればレントゲンに写りますが、それ以外は写りません。

レントゲンで異常が写らない腰痛は「異常なし」ではなく、「別の部分に異常」があるのです。

病院では分からない腰痛の原因は何?

異常がないのなら、腰痛も無くなるはずなのに痛みは全然ひかない。

それって、レントゲンでは写らない別の原因があるからなのです。

原因が分からないので、湿布と痛み止めのお薬が出て「様子をみて下さい」となる訳です。

腰は「背骨」と「筋肉」で支えられています。

この「背骨」と「筋肉」がテントの支柱とロープの関係のように微妙なバランスを取って腰を支えているのですが、この微妙なバランスが崩れて体が歪むことで腰痛が起きてしまいます。

この体の歪みはシップや痛み止めでは良くならず、骨格矯正などの施術が必要となります。

腰痛,原因,病院,レントゲン,湿布,痛み止め,薬

わずかな歪みはパッと見では分かりませんが、専用の検査機器で測定すると一目瞭然です。

腰痛治療なら北浦和駅前接骨院へ


北浦和駅東口で腰痛治療に実績のある整骨院をお探しなら、JR京浜東北線・根岸線北浦和駅東口より徒歩3分の【北浦和駅前接骨院】へお越しください。


北浦和駅前接骨院は、腰痛はもとより肩こり、頭痛、膝の痛み、外反母趾でお困りの多くの患者さんが来院されています。

048-711-5569